家に住みながら不動産売却はできるのか?

「引っ越す前に今の家を売りたい」「売った資金を新居の購入にあてたい」と考える人は多くいらっしゃいます。

このような理想を実現したい場合は、今の家に住みながら不動産を売却する必要があります。

では、家に住みながら不動産を売却することはできるのでしょうか。

そこで今回は、家に住みながら不動産を売却できるのかをテーマにご紹介します。

 

住みながらでも売却は可能!

不動産は、住みながらでも売却することができます。

仮に空き家にしてから不動産売却を行うと、売却する家と新しく住む家の2つの維持費が発生してしまうので、負担になってしまいます。

しかし、住みながら売却を行うと、維持費を抑えることができるため、おすすめです。

このように、手元の資金が少ない場合でも新居への引っ越しを進められることが、住みながら売却する魅力といえるでしょう。

 

メリット・デメリット

家に住みながら売却を行うメリットは、費用を抑えられることのみではありません。

例えば、買主が内覧を行う際に家の魅力を伝えることができるので、家の特徴や近隣情報を共有できます。

実際に住んでいるからこそ伝えられるの生の声は、買主にとって魅力的な情報です。

また、買主は家だけではなく、以前にどんな人が住んでいたのかを気にするケースも多いです。

内覧時に良い印象を残しておくと、売れる可能性が高くなります。

しかし、費用面や買主に魅力を伝えられるというメリットがある一方、デメリットも存在します。

家主が実際に住んでいるため、生活感が家の魅力を下げる可能性があるということです。

届いた郵便物や置いてある洗い物、干している洗濯物など、これらは内覧時にマイナスイメージを持たれやすいです。

また、クローゼットの中や収納スペースなどは、買主が遠慮して見れないというケースも多々あります。

 

売却のポイント

住ながら住宅を売却する時は、可能な限り生活感をなくすようにしましょう。

例えば、必要のない物は捨てて、使わない荷物はまとめておくと良いでしょう。

クローゼットの中や収納スペースも整理整頓を行い、買主が見ることのできる状態にしておくと、住宅の魅力がより一層伝わります。

また、入念に掃除を行うことも大切です。

特に水回りは、汚れが目立ちやすい場所でもあるため、注意しましょう。

 

まとめ

家に住みながら売却を行う際は、買主に家の魅力を伝えられるかどうかが、成功のカギになります。

住みながら売却することができると、直接買主に家の魅力を伝えられるだけでなく、空き家なる予定である家の維持費を抑えることができます。

急な内覧が入るケースもありますが、事前に準備しておくことで、スムーズに対応できるでしょう。

費用を抑えて新居に引っ越すためにも、理想的な不動産売却を計画しましょう。