【名古屋の専門家が解説】不動産を任意売却する際の注意点とは?

「住宅ローンの返済が厳しいため任意売却を考えている」
そんな方も多いのではないでしょうか。
任意売却は、今後の生活に大きく影響を及ぼすため不安に感じる方もいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、不動産を任意売却する際の注意点について説明します!

□任意売却とは?

任意売却とは、住宅ローンなど滞納がある不動産を、債務者と債権者の話し合いのもと、できるだけ高く売却することで借金を減らすための方法です。
住宅ローンの返済を目的としているため、勝手に行えません。
いくつかの条件が必要になるので覚えておきましょう。

□任意売却を行う条件

任意売却は、債務者の意思だけでは行えません。
いくつか必要な条件があります。
今回は、任意売却に必要な条件を4つ挙げます。

*債権者の同意

まず初めに債権者の同意が必要となります。
これは、任意売却を行う場合に大前提となる条件です。

*税金の滞納で差し押さえられていないこと

税金滞納により不動産が差し押さえられている場合、任意売却はできません。
滞納した税金を全額納付することで差し押さえを解除してから、任意売却の交渉を行いましょう。

*連帯保証人の同意

債権者によりますが、連帯保証人の同意を任意売却の条件としている債権者が多いです。

*共有名義人の同意

これは任意売却に限らず、普通の売却であっても必要となります。

□任意売却の際の注意点

任意売却の際の注意点がいくつかあります。
ここでは2つ紹介します。

*詐欺に注意

任意売却の世界では悪徳業者も存在し、業者選びを間違えた場合、詐欺に引っかかる可能性があります。
任意売却専門業者を名乗るための資格や認定は特にないため、誰でも自称できることを頭に入れておいてください。
相談する業者は本当に問題解決能力があるのか、信頼できるのか、適切な判断が必要です。

*債務は残る

任意売却を行っても売却額で不足する住宅ローンの残債務は残ってしまうことに注意しましょう。
完全に債務がなくなるのではなく、できるだけ債務を減らし、可能な返済額へと近づけるための手段が任意売却であるということです。

□まとめ

今回は、不動産を任意売却する際の注意点について説明しました。
任意売却は、一生に関わる問題なので慎重に交渉を進める必要があります。
当社では、任意売却の相談から返済方法の交渉、売却までの手続きをお客様の意思を尊重しながらお客様と共に行っております。
経験豊富な任意売却専門のスタッフが無料で相談を受け付けておりますので、住宅ローンの返済にお困りでしたらまずは当社にご相談ください。