住宅ローン問題を解決する暮らしの相談窓口 住宅ローン問題を解決する暮らしの相談窓口

相談は無料
相談は無料

0120-281-660受付時間 10:00〜20:00(土日祝可)

住宅ローンが払えないとどうなる?体験談と対処法について

収入の減少や支出の増加に伴い、住宅ローンを払えない場合があります。

特に近年は新型コロナウイルスの流行により、住宅ローンの返済にお悩みの方が多くいらっしゃいます。

このような状況の中で、現在ローンを組んでいる方やこれからローンを組もうとされている方は、不安に感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで今回は、住宅ローンが払えない時の体験談や対処法をご紹介させていただきます。

 

住宅ローンが払えないとどうなるの?

住宅ローンの支払いが困難になって滞納すると、金融機関から催告書が届きます。

仮に催告書が届いても滞納を続けた場合、金融機関から保証会社へ住宅ローンの残債の一括支払いが要求されます。

その後、保証会社が残債を返済した後、保証会社が不動産競売の申し立てを行うため、競売の手続きが進むのです。

競売は住宅ローンを滞納してから、およそ半年ほどで始まります。

また、競売は通常の売却とは異なり、相場の7割程度の価格で売却されてしまうのです。

競売で売却されると、家を失い多額の借金が残ってしまうという状況になる可能性があります。

 

住宅ローンを払えない原因とは?

最近では、コロナウイルスの影響による会社の倒産や収入の減少が、住宅ローンが払えなくなる原因としてよく見られます。

それ以外にも、転職による収入の減少、離婚、急な病気などといった事例も多いです。

例えば、ある方はうつ病を発症してしまい、それが原因でボーナス払いが困難になったという事例があります。

このように一口に住宅ローンが払えなくなったといっても、その原因はさまざまあるでしょう。

しかし、どのような原因であれ、滞納を続けてしまうと状況は悪化してしまいます。

そのため、問題を放置したりせずに、支払いが難しい場合はすぐに専門業者や金融機関に相談しましょう。

 

住宅ローンが払えない時の体験談と対処法

実際に住宅ローンの支払いが困難となった体験談を見てみましょう。

マンションを住宅ローンで購入した夫婦は、性格の不一致により離婚してしまいました。

離婚後、住宅ローンの主債務者である元夫が破産し、連帯保証人の元妻へ住宅ローンの返済を一括で行う義務があるという連絡がきたのです。

結果、元妻は任意売却を行い、残金を元夫と協力しながら返済していくことになりました。

このように、住宅ローンが払えなくなる状況は、唐突に発生する可能性もあります。

そんな時は、任意売却とリースバックを活用してみましょう。

上記の体験談の対処法として行われた任意売却は、契約日や売却先などの希望を通しながら売却を行うことです。

また、リースバック会社などに売却し、売却先と賃貸借契約を結ぶリースバックを活用することで、そのまま自宅に住み続けることができます。

このように対処すれば、まとまった資金を得ながら自宅に住み続けることが可能です。

 

まとめ

今回は、住宅ローンが払えない時の対処法などについてご紹介させていただきました。

住宅ローンの支払いができない場合には、迅速に対策を検討しなければいけません。

今回ご紹介させていただいた任意売却とリースバックによって、問題の解決につながる可能性があります。

住宅ローンにお悩みの場合には、これらの方法を検討することをオススメします。