text_fv

  1. 自宅を売って住み続ける方法とは?
contact_1
  • 12
  • APRIL
  • 2021

任意売却・競売

自宅を売って住み続ける方法とは?


近年、経済状況や家庭環境の変化により、住宅ローンの支払いが困難になっている方が増加しています。
住宅ローンの支払いが困難になった場合は、自宅を売却して得たお金で返済する解決方法があります。
しかし、住み続けた自宅を手放すことに抵抗がある方や、お子様がいる家庭では環境を変えたくないと考えている方も多いでしょう。
そのため、自宅を売却するべきかという問題は、非常に深刻な悩みになるのです。
そんなとき、自宅を売却してもそのまま住み続けることできる方法をご存じでしょうか。
今回は、自宅を売って住み続ける方法についてご紹介させて頂きます。

自宅を売却しても住み続ける方法

自宅を売却しても住み続ける方法として、近年では任意売却とリースバックという方法が注目されています。
任意売却とは、金融機関の承認を得て自宅を売却することです。
任意売却は競売とは異なり、市場価格で売却できるというメリットがあります。
また、売却した自宅をその後自宅の買主と契約を結び、賃貸物件としてその家に住み続けることもできるのです。
この方法を、リースバックといいます。
任意売却とリースバックをうまく活用することによって、自宅を売却しても住み続けることができるのです。

自宅を売却しても住み続けるメリット

自宅を売却して住み続ける場合、引っ越しする必要がない点が大きなメリットとして挙げられます。
引っ越しは、時期や自宅の状況によっては、数十万もの費用になってしまう場合があります。
さらに、片付けなどの手間を考えると、非常に大変です。
また、お子様がいる家庭では、引っ越しによる転校の手続きが必要になるなど、お子様のストレスに繋がる可能性もあります。
自宅を売却しても住み続けると、このような様々なトラブルを回避できるというメリットがあるのです。

売却した自宅は将来買い戻せる?

リースバックを用いた場合、売却後にお金を貯めて自宅を買い戻すことが可能です。
そのため、買い戻すことを想定して、日々の貯蓄について考えることが必要不可欠です。
また、自宅を売却する前に、どれくらいの時期で買い戻しができるのかというシミュレーションをすることも大切になります。
任意売却とリースバックを行うには、まず金融機関に相談しましょう。
金融機関のアドバイスを得ながら、売却後の資産運用について検討しておくことをオススメします。

まとめ

今回は、自宅を売って住み続ける方法についてご紹介させて頂きました。
住宅ローンの支払いで頭を悩ませている方は、非常に多くいらっしゃいます。
もし、支払いができなくなり滞納を続けていると、差押によって自宅を手放さざるを得ない状況になるリスクもあります。
そのため、早急に対策する必要があるのです。
今回ご紹介させて頂いた任意売却とリースバックは、このような問題を解決するための1つの方法です。
まずは金融機関に相談して、任意売却とリースバックについて詳しく検討してみることをオススメします。

当社の思い 解決者の声
twitter facebook line
自宅を売って住み続ける方法とは?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします
トップページへ戻る

相談から解決までお客様の負担は0円です。
お気軽にご相談ください。

0120-281-660 営業時間:7:00〜23:00(365日営業)