text_fv

  1. 「奨学金」返済が延滞したら、どうなるの?
contact_1
  • 6
  • FEBRUARY
  • 2018

借入・借金

「奨学金」返済が延滞したら、どうなるの?

「奨学金」返済が延滞したら、どうなるの?

便利な奨学金、滞納したらどうなるのでしょうか?
2016年6月2日にNHKで放映された「クローズアップ現代」の放送によれば、リアルに奨学金を滞納した人は約32万人いるそうです。32万人滞納した人が実在するのは、衝撃ですね。
彼らはその後、どうなったのでしょうか?
滞納したらどうなるのか?シミュレーションしてみました。


奨学金を滞納した人は、32万人もいる



衝撃のリアルですが、
奨学金が支払えずに裁判所から督促を受けた人は年間約8400人。
奨学金のために自己破産した人は、累計1万人もいるのだそうです。驚きですね。では、何回も滞納したら?
長期滞納してしまったら、どうなるのでしょうか?くわしく調べてみました。


1回返済を遅れた場合


驚いたことに、滞納1回目なら、延滞金はかかりません。翌月27日に2か月分引き落としされます。その際、1回目の滞納については延滞金はとられません。

【催促通知~返済までの流れ】
(例)7/27の銀行引き落としが遅れてた場合

・8/7以降
催促の電話がかかってくる。

・8/10以降
「奨学金返還の振替不能通知」が郵送される。

・8/17以降
「個人信用情報機関への登録について(通知)」が郵送される。

・8/27
2か月分(7月分+8月分)が引き落としされる。


2回、返済が遅れた場合


結論から言うと、滞納2回目から延滞金(年利5%)かかります。また連帯保証人にも通知がいきます。
2回目の滞納からは延滞金がかかるのです。

(例)7/27・8/27に2回分の銀行引き落としが遅れた場合

・9/7以降
催促の電話がかかってくる。

・9/10以降
「奨学金返還の振替不能通知」が郵送される。

・9/11日以降
連帯保証人に「奨学金の返還について」が郵送される。

・9/17以降
「個人信用情報機関への登録について(通知)」が郵送される。

・9/27
3か月分(7月分+8月分+9月分)と延滞金の合計額が引き落としされる。


3回滞納。ついにブラックリスト入り……



要注意!滞納3回で、ブラックリストに載ります。
連帯保証人だけでなく、保証人にも通知がいきます。3回滞納、ダメ絶対!ですね。
個人信用情報機関に滞納記録や個人情報が登録されます。いわゆる、ブラックリスト入り、というものです。
一度ブラックリストに登録されると、返済完了後5年間は継続登録されます。家や車のローンが組めなくなったり、その間ずっとクレジットカードが作れなかったり、生活に多大な支障をきたすでしょう。

【3回滞納後の支払について】
(例)7/27・8/27・9/27に3回分の銀行引き落としが遅れてしまった場合

・10/7以降
催促の電話がかかってくる。

・10/10以降
「奨学金返還の振替不能通知」が郵送される。

・10/11日以降
連帯保証人・保証人に「奨学金の返還について」が郵送される。

・10/17以降
「個人信用情報機関への登録について(通知)」が郵送される。

・10/27
4か月分(7月分+8月分+9月分+10月分)と延滞金の合計額が引き落としされる。


滞納9ヶ月で、差し押さえに


恐ろしいことですが、滞納9ヶ月で差し押さえになります。
法的措置がとられ、裁判沙汰になりますね。
さらに、「裁判所への訴訟費用」も請求されます。


怖いシミュレーションでしたね。
奨学金は民間ローンと同じ。滞納すれば、すぐに裁判沙汰になります。しっかりと滞納しないように気をつけて、たのしい学生生活をおくってくださいね!

twitter facebook line
「奨学金」返済が延滞したら、どうなるの?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします
トップページへ戻る
友だち追加