fbpx

離婚後にオーバーローンでお困りの方へ!愛知で任意売却をしませんか?

愛知で家を購入したみなさん、任意売却をご存知ですか。
夫婦で購入した念願のマイホームでも、離婚時には売らないといけない場合もあります。
特に、持ち家がオーバーローンである場合は、売ることでその後の負担を減らすことが可能です。
そこで今回は、離婚後にオーバーローンで困らないための、任意売却についてご紹介します。

□離婚する時のオーバーローンの問題点

オーバーローンとは、家の購入時の価格と現在の時価が異なっており、購入した時よりも時価が低い状態のことを指します。
また、その逆で、時価が購入時よりも高い場合をアンダーローンと呼びます。

では、なぜ離婚の際にオーバーローンは問題になるのでしょうか。
1つは連帯保証人の問題です。
家の契約時は、夫の名義で家を購入し、妻が連帯保証人になる形が一般的です。
主な離婚後の対応は、どちらかが住み続ける場合と、両者が別々の家に住む場合に分けられるでしょう。
しかし、どちらでも問題が発生します。
仮に、離婚後に妻が住み続けた場合、夫から妻にローンの借り換えを行う必要があります。
その場合、妻の収入では借り換えが不可能の場合もあります。

また、離婚した後に両者が別々の家で生活する場合、その家の管理費をどちらが負担するかも問題になるでしょう。
離婚によって家族での収入が減るため、住宅ローンの支払いも今まで通りに払えません。

そのような場合はどのようにして対処すれば良いのでしょうか。

□離婚時のオーバーローン対処法

オーバーローンの住居を離婚の際にどう扱うかという点は、夫婦間でしっかりと話し合わなければなりません。
なぜなら、財産分与がややこしくなるからです。
もし、アンダーローンの住居であった場合、住居を売却した後にローンの残債との余剰分を分与することで問題は解決されます。
しかし、オーバーローンでは、片方が住み続ける、もしくは離婚した相手と二人で残債を支払い続ける状態になります。
これでは、離婚した後も別の心理的ストレスを抱えるかもしれません。

そのような事態に陥るのを防ぐために、任意売却をおすすめします。
任意売却とは、借入れ先の金融機関の了承を取ることで住居の売却を行うことのできる方法です。
また、売却金から残りのローンを支払うことが可能です。

このように、任意売却を行うことで、離婚の際の負担を軽減し、新しい生活に向けて準備ができるでしょう。

□まとめ

オーバーローンと任意売却についての解説を行いました。
離婚の際にオーバーローンの状態だと、財産を思うように分けられません。
離婚でローンの返済が気になる人は、任意売却での住居の売却をおすすめします。

関連記事

  1. 毎月の返済が12万円減った、Aさんのお話。

  2. 愛知在住の方必見!任意売却と債務整理の特徴について紹介します…

  3. 愛知にお住いの方へ!任意売却と個人再生の違いを解説します!

  4. 愛知で任意売却を検討中の方へ!住宅ローンを返済する必要があり…

  5. 愛知で任意売却を検討中の方へ!差し押さえされた場合の対処方法…

  6. 愛知で任意売却を検討中の方へ!離婚後のトラブルとは?

PAGE TOP