愛知在住の方必見!任意売却と債務整理の特徴について紹介します!

愛知にお住まいのみなさん、購入した住宅の手放し方をご存知ですか。
実は、住宅は簡単に売却できるものではありません。
また、手放す方法も、任意売却と債務整理の2種類があります。
しかし、これらは全く違う手段であり、併用して行うことも可能です。
今回は、任意売却と債務整理の特徴について解説します。

□任意売却と債務整理の違いとは?

任意売却とは、住宅ローンが払えない状態である場合や、夫婦の離婚で財産分与を行うために利用する手段です。
住宅ローンが払えなくなった際に、物件を売却することでその費用を抑えることができます。
そのため、ローンの残債や今後の引越し費用を整理することが可能です。

では、債務整理とどのような違いがあるのでしょうか。

債務整理とは、住宅ローンや管理費を支払うことが困難な状態の人に適しています。
法律に則った上で支払い方法や残債を整理して、債務の圧縮や債務の帳消しを行う手段です。
つまり、借金を支払う能力が低下した人のための救済措置とも捉えられます。
しかし、借入れ先との話し合いをしなくてはなりません。
その上で、返済方法の変更や利息のカットも手段として存在します。

要するに、任意売却とは、売却することでローンの負担を抑え、気持ちよく生活を立て直す方法であるのに対して、債務整理は、借入れ先との話し合いの上で、法律に則った手段で返済方法の変更や支払い額の減額を行う手段です。
このような違いが、任意売却と債務整理の間には存在します。

□任意売却と債務整理を並行して手続きする手段

任意売却は、住宅ローンの支払いが滞った場合に、その住宅を売却することで残債を減らす手段です。
また、売却して得たお金を引越し費用に充てれば、新しい生活に向けての立て直しができます。
しかし、住宅ローンの残債が減っており、完全に支払いが終わったわけではありません。
返済しなければならない残債を債務整理することで、より一層ストレスを感じない返済が行えます。

任意売却を行った際に、借金が全額なくなる場合もあります。
そのため、債務整理は後から考えるほうが良いでしょう。
また、破産はしたくないが返済額の整理を行いたい場合は、任意売却と債務整理を同時に進める方法もあります。

借金の返済が困難である場合はぜひ任意売却と債務整理について考えてみてはいかがでしょうか。

□まとめ

今回は、任意売却と債務整理について解説しました。
両者には、似ている部分と異なった部分があります。
特に、借金の支払いで困っている方は、任意売却と債務整理の並行利用も視野に入れてみてはいかがでしょうか。
家を売却する際は、自分の状況に合った手段を選ぶことをおすすめします。

関連記事

  1. 愛知で任意売却を検討中の方へ!差し押さえされた場合の対処方法…

  2. 愛知にお住いの方へ!任意売却と個人再生の違いを解説します!

  3. 毎月の返済が12万円減った、Aさんのお話。

  4. 愛知で任意売却を検討中の方へ!住宅ローンを返済する必要があり…

  5. 愛知で任意売却を検討中の方へ!離婚後のトラブルとは?

  6. 愛知の方必見!任意売却をする前に必要書類を確認しよう!

PAGE TOP