fbpx

愛知にお住いの方へ!任意売却と個人再生の違いを解説します!

住宅ローンの返済のための手段として、任意売却と個人再生があります。
しかし、任意売却と個人再生はどのような違いがあるのか、分からない方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、今回は愛知にお住まいの方へ向けて、任意売却と個人再生の違いについて紹介します。

□任意売却と個人再生の違い

任意売却と個人再生の大きな違いは、売却後の住宅の扱い方にあります。
任意売却は自宅を手放すことになるのに対し、個人再生は住み続けられるのです。
個人再生は債務額が大幅に減り、家や車などの財産を手放さずに済みます。
家を手放したくない方にとっては大きなメリットでしょう。
任意売却は自宅を売却するので債務を減らせますが、個人再生のような減額方式は採用されません。
他にも、任意売却は官報に掲載されないのに対して、個人再生の場合は掲載されるという違いもあります。

*任意売却と個人再生のどちらを選択すれば良いのか

任意売却と個人再生のどちらを選択すれば良いのか、疑問に感じる方も多いのではないでしょうか。
結論から言うと、その方の状況によって変わるので一概には述べられません。
例えば、個人再生は全ての人が行えるわけではありません。
安定的な収入がない場合は難しく、個人再生を選びたくても、任意売却を選択するしかないこともあるでしょう。
自身の状況の把握、希望する内容、任意売却と個人再生の違いについて理解しておくことが重要になります。
選択には時間的な制限もかかるので、早い段階で考えておくことをおすすめします。

□個人再生の申し立て前に任意売却によって手放すという方法

個人再生の申し立て前に任意売却によって手放すという方法もあります。
任意売却は、住宅ローンの残債務が自宅の価値を大幅に上回っていて、銀行などの住宅ローン債務者の同意が得られる場合に検討できます。
任意売却では手元にお金が残りやすく、ある程度の引っ越し費用を債務者から受け取れる場合が多いです。
そのため、新生活を始めやすくなります。
ただし、引っ越し費用を確保できるかどうかは債務者や返済状況によって異なることを頭に入れておきましょう。
任意売却を行い残債務が確定した後に個人再生の申し立てを行うと、残債務の計算が分かりやすいでしょう。
さらに、自宅の価値の査定に関して気にすることなく個人再生の手続きを進められるというメリットもあります。

□まとめ

今回は愛知にお住まいの方へ向けて、任意売却と個人再生の違いについて紹介しました。
任意売却は自宅を手放すことになり、個人再生は住み続けられます。
どちらの選択が良いかはそれぞれの状況によって異なります。
また、個人再生の申し立て前に任意売却によって手放すという方法もあります。

関連記事

  1. 毎月の返済が12万円減った、Aさんのお話。

  2. 愛知で任意売却を検討中の方へ!住宅ローンを返済する必要があり…

  3. 愛知在住の方必見!任意売却と債務整理の特徴について紹介します…

  4. 愛知で任意売却を検討中の方へ!離婚後のトラブルとは?

  5. 離婚後にオーバーローンでお困りの方へ!愛知で任意売却をしませ…

  6. 愛知の方必見!任意売却をする前に必要書類を確認しよう!

PAGE TOP