愛知で任意売却を検討中の方へ!離婚後のトラブルとは?

愛知に家を持っているみなさん、離婚後のトラブルの主な原因をご存知ですか。
主な原因として挙げられるのは、家の売却です。
結婚して、二人で購入した家を売却するとなると、そう簡単には話が進みません。
なぜなら、住宅ローンなどの事情が絡んでくるからです。
そこで今回は、任意売却についてご紹介します。

□財産分与や連帯保証人に関する注意点

住宅は、夫婦が様々な理想を描きながら購入するものです。
離婚を視野に入れながら住宅の購入を考える方はいらっしゃらないでしょう。
そこで、離婚するとなると考えなくてはならないのは、財産分与をするための家の売却や住宅ローンの残債、妻が連帯保証人であった場合のことです。
購入するときはあまり深く考えていなかった部分について真剣に向き合わなくてはなりません。
これらについて順を追って説明していきます。

離婚を行う際は財産分与を行います。
分与の仕方や割合は離婚の理由や原因によって異なります。
二人で家を購入した場合、離婚の際にその家を二人分に分けなくてはなりません。
そのため、家を一度売却して、お金に替えてから分ける必要があります。
しかし、住宅ローンが残っている場合や片方が住み続ける場合もあります。
住宅ローンが残っている場合であれば、任意売却を行うことがおすすめです。

任意売却とは、住宅ローンが残っている状態でもその家を売却できる手段です。
しかし、ほとんどの場合、売却時の値段が購入時よりも低く、ローンが残ります。
そのようなローンの残債についても、離婚の際にきちんと話し合う必要があります。

また、ローンを組む際に、夫が債務者で妻が連帯保証人になる場合が多いでしょう。
その状態で離婚を行うと、離婚した後も二人で返済義務を負うことになり、抵抗を感じる人がほとんどです。
そのようなストレスをなくすためにも、任意売却をおすすめします。

□任意売却を行うのは離婚前がおすすめ!

任意売却を行う場合、財産について二人で話し合う必要があります。
そのため、離婚してからの任意売却となると、片方と連絡が取れなかったり、話し合いがきちんと行えなかったりすることがあります。
そのような事態になると、任意売却後の残った住宅ローンの返済についても話がうまく進みません。
なるべくトラブルを起こさずに、財産分与やローンについての話し合いを行いたいのであれば、離婚前に任意売却を行いましょう。

□まとめ

離婚の際の大きなトラブルにつながる原因である家の分与方法や売却、住宅ローンについて説明しました。
お互いに話し合いを重ねて、気持ちよく生活の再スタートを切るためには、離婚前の任意売却が重要になってくるでしょう。

関連記事

  1. 毎月の返済が12万円減った、Aさんのお話。

  2. 愛知の方必見!任意売却をする前に必要書類を確認しよう!

  3. 離婚後にオーバーローンでお困りの方へ!愛知で任意売却をしませ…

  4. 愛知にお住いの方へ!任意売却と個人再生の違いを解説します!

  5. 愛知で任意売却を検討中の方へ!住宅ローンを返済する必要があり…

  6. 愛知在住の方必見!任意売却と債務整理の特徴について紹介します…

PAGE TOP