fbpx

愛知で任意売却を検討中の方へ!差し押さえされた場合の対処方法とは?

現在、愛知で不動産の任意売却をお考えの方もいらっしゃると思います。
実は、税金の滞納が、不動産の任意売却の可否に大きく関わるのです。
このことを事前に知っておくと、スムーズに手続きができるでしょう。
そこで今回は、税金の滞納による差し押さえと不動産の任意売却について詳しく説明します。

□税金の滞納が原因で必ずしも任意売却ができなくなるわけではない?

税金を滞納している状況によって、対処方法が異なります。
具体的には、不動産の差し押さえがされているかどうかで対処方法が変わるのです。

*不動産が差し押さえられていない場合

この場合は、税金を滞納している方でも任意売却の手続きを進められます。
ただ、いつ不動産の差し押さえが行われてもおかしくない状況なので、できるだけ早く管轄の役所に相談するようにしましょう。

ただし、注意しなくてはならないのが、任意売却の意思があることを市役所が知ると、すぐに差し押さえをしようと動いてくるという点です。
そのため、売却の意思があることは絶対に知られないよう注意しなくてはいけません。

*不動産が差し押さえられている場合

不動産の差し押さえが行われた場合は、市町村の役所や税務署と交渉し、差し押さえの登記を抹消する必要があります。
差し押さえの登記がある状態では、任意売却の手続きを進められません。

□場合によっては任意売却ができない可能性もある

上述した通り、不動産を差し押さえられても、交渉の上で差し押さえの登記を抹消すれば任意売却ができます。
しかし、そもそも差し押さえの登記が解除されなければ手続きを進められません。
では、どのような場合に解除されないのか、2つのパターンを説明します。

1つ目は、滞納額が高額である場合です。
税金を滞納すると、高い税率の延滞税が課せられます。
滞納している税金の額が高ければ高いほど、延滞税も増えるので、どんどん返済が困難になっていくのです。
このような状況が続いて滞納額が高額になると、役所側が交渉に応じてくれない場合があります。

2つ目は、役所に対する対応が不誠実だった場合です。
税金を滞納すると、何度も役所から連絡が来ます。
その連絡を無視し続けていると、「悪質な滞納」だと判断されます。
また、交渉をする際も誠実な対応を心がけるようにしましょう。

□まとめ

今回は、税金の滞納による差し押さえと不動産の任意売却について詳しく説明しました。
不動産が差し押さえられた場合は、役所や税務署と交渉を行い、差し押さえの登記を解除してもらわなくてはなりません。
登記解除の交渉の際は、誠実な対応を意識しましょう。

関連記事

  1. 愛知にお住いの方へ!任意売却と個人再生の違いを解説します!

  2. 毎月の返済が12万円減った、Aさんのお話。

  3. 愛知で任意売却を検討中の方へ!離婚後のトラブルとは?

  4. 愛知で任意売却を検討中の方へ!住宅ローンを返済する必要があり…

  5. 離婚後にオーバーローンでお困りの方へ!愛知で任意売却をしませ…

  6. 愛知在住の方必見!任意売却と債務整理の特徴について紹介します…

PAGE TOP